かつて一度は失われた大洲城天守は、
数々の奇跡の末、現代に蘇りました。

2004年、最高峰の職人技術の粋を結集して築城。
発掘調査や設計史料の発見に恵まれ、
市民の想い、多額の寄付などの支えがあって
はじめて実現したのです。

江戸時代の元の姿へと完全復元した大洲城での
贅沢な時間をお過ごしください。

大洲城キャッスルステイ
その日、わたしは城主になる

キャッスルステイとは

1. 大洲城を貸し切りに

天守、重要文化財のふたつの櫓(やぐら)を含む大洲城を、お泊まりいただくお客様の客室としてお過ごしいただけます。かつての先人がたどってきた時間をなぞらえるように、歴史を追体験する。

大洲城でのひととき >

2. キャッスルラウンジ

大洲城を目前に眺める絶好のロケーションに設置された空間を、キャッスルステイの宿泊者様だけが利用できるラウンジ、浴場としてご利用いただけます。

キャッスルラウンジについて >

3. 大洲の良いものだけを堪能

海、山、川の幸に恵まれる大洲。瀬戸内海を含めたこの地域の美食をお殿様の仰せの通りの食材を集め、最高の技術で調理いたします。

お食事について >

4. 特別な体験プログラム

キャッスルステイの宿泊者様だけが体験できるプログラムをはじめ、水と山と城が造りあげた美しい景観、
木蝋と生糸で栄えたまちで育まれてきた文化、文化財や史跡の素晴らしい空間。そんなまちの息遣いを身体で感じ、楽しむプログラムをご用意しております。

体験プログラムについて >

すごし方

15:30
到着・着替
17:00
大洲城入城
18:00
雅楽鑑賞
18:30
夕食
20:30
ラウンジ
22:30
天守で就寝
07:30
朝食
09:30
大洲散策
15:30 大洲へご到着後、甲冑へお着替え
17:00 大洲城への入城体験に参加
18:00 大洲にて雅楽や伝統芸能の鑑賞
18:30 大洲城内、重要文化財でご夕食
20:30 ラウンジで大洲城を眺めながらひといき
22:30 大洲城 天守でかつての武将のように就寝
07:30 重要文化財 臥龍山荘を貸切でご朝食
09:30 大洲のまちを楽しむ

ご連泊の場合

城下町ホテルで邸宅に宿泊

ご連泊のお客様は、城下町に点在する豪商の邸宅をリノベーションした客室へお泊りいただけます。

360°VRで客室をみる >

大洲城の魅力

1. 木造での完全復元に
 成功した奇跡の城

木造の文化である日本建築では、伊勢神宮の式年遷宮に見られるように、建物の古さではなく設計や技術が継承され、生き続けていることが重要とされています。「大洲城」は、全国でも5城しかない、木造復元天守の1つ。400年前の姿を完全に復元し、現代に生き続ける奇跡の城です。

2. 史料から忠実に
 当時の設計を再現

大洲城は木造復元天守の中でも、最も多くの貴重な史料に恵まれた天守です。江戸時代の古絵図、大洲藩作事方棟梁であった中野家に残されていた天守の木組模型天守雛形、明治10年に撮影された古写真。
それらが代々受け継がれてきたからこそ、史上最も正確に復元をすることができたのです。

3. 大洲市民の想いの結晶

維新後に城内の建物の多くが解体される中、地元住民の活動により天守・櫓は保存されました。櫓は現在でも重要文化財として現存しています。市制施行50周年記念事業として2004年に復元された天守は、総工費の多くを占める募金、柱材に至っては9割を占める木材が寄付によって集められました。

4. 400年前の建設技術を復興

建造当時と同様のつくりを再現するために、伝統技術を復興。金属の釘を使わずに宮大工と地元の大工が共同で木組みを完成させ、屋根には土居葺きと呼ばれる薄い板を屋根に竹釘で打ち付けてから瓦を葺き、壁の下地には鉄筋ではなく竹を組んで何層にも壁土を塗り重ねています。日本古来の木造文化の継承と技術の伝承に大きく貢献したことから「第一回ものづくり日本大賞」を受賞、またそれらの技術は「伝統建築工匠の技:木造建造物を受け継ぐための伝統技術」として2020年にユネスコ無形文化遺産に登録されました。

ご予約・お問い合わせフォーム
電話でのご予約・お問い合わせ
0120-210-289
(VMG総合受付窓口 11:00 – 20:00)
〒795-0012
愛媛県大洲市大洲888
マップを見る →