遡ること遥か昔、
紀元前1万年前から人々が住み始めたと言われる
この土地には、幾世紀もの時を越え、
悠久の時を感じさせる穏やかな時間が静かに流れている。

水と山と城が造りあげた美しい景観、
木蝋と生糸で栄えたまちで育まれてきた文化。

そんなまちをまるごと、
最高に楽しむ。

大洲城キャッスルステイ
その日、わたしは城主になる

※時期によってプログラムが異なる場合がございます。
 実際のアクティビティ行程はご要望をお伺いした上でご提案をさせていただきます。

限定プログラム

キャッスルステイのご宿泊者様限定でご用意する特別プログラム

大洲城 「1617 加藤貞泰の入城」体験

250年以上もの間、大洲を治めた加藤家初代藩主、加藤貞泰が1617年に米子藩から大洲藩へ移封し、大洲城へ入城するシーンを目の前で再現。お客様にはその登場人物としてご参加いただき、一日城主として藩主より直々に城を守る命を受けていただきます。

体験イメージを見る >

臥龍山荘でのひととき

肱川の景勝地、臥龍淵にたたずむ数寄屋建築の傑作「臥龍山荘」。釘の一本まで美意識が研ぎ澄まされた国の重要文化財を貸し切っての朝食や、草木がこすれる音や川のせせらぎに耳を澄ませながら瞑想をする時間も。

3DモデルVRで臥龍山荘をみる >

カスタマイズプログラム

初日のご到着前や二日目のご朝食後に大洲を堪能する数々のプログラムをご用意

肱川遊びプログラム

川舟でシャンパンを楽しんだり、日本三大うかいと称される、篝火を炊いた鵜匠船と客船の屋形船が併走して川下りをする「大洲のうかい」など、古くから水郷として栄えてきた大洲を楽しむ。

文化遺産めぐり
プログラム

大洲藩二代目藩主 加藤泰興が再興した加藤家七藩主が眠る菩提寺「如法寺」。古事記で国造りに尽力したスクナビコナが終焉を迎えた地とされ、境内簗瀬山の山頂付近に御陵があるとされる「少彦名神社」。そんな大洲の神秘的な世界をめぐる。

大洲まちめぐり
プログラム

戦火をまぬがれた大洲の城下町には、かつて木蝋や生糸で栄えた江戸期や明治期の家々が今なおその形を留める。レトロなまちなみ、そしてそこに息づく生活や文化を楽しむ。

ご予約・お問い合わせフォーム
電話でのご予約・お問い合わせ
0120-210-289
(VMG総合受付窓口 11:00 – 20:00)
〒795-0012
愛媛県大洲市大洲888
マップを見る →